税務セカンドオピニオン

顧問税理士の方とは異なった立場から、高品質で信頼の
おけるアドバイスをご提供いたします。

このようなお悩みはございませんか?

試算表を説明してくれるだけで、経営のアドバイスや節税、その他の提案がほとんどない。

質問や相談を持ちかけても、対応が遅くて正直困っている。

会社の決算前に決算の打ち合わせがなく心配。

税務調査の際、会社の味方になってくれない。

日常の税金については問題ないが、相続・事業承継の分野にはどうも精通していない。

先代から永く付き合っているため、顧問税理士が高齢で、世代間ギャップがある。

プライベートな個人資産や相続のことを顧問税理士に知られたくない。

顧問税理士を変えずに、相続対策や個人資産の相談にのって欲しい。

試算表を説明してくれるだけで、経営のアドバイスや節税、その他の提案がほとんどない。

質問や相談を持ちかけても、対応が遅くて正直困っている。

会社の決算前に決算の打ち合わせがなく心配。

税務調査の際、会社の味方になってくれない。

日常の税金については問題ないが、相続・事業承継の分野にはどうも精通していない。

先代から永く付き合っているため、顧問税理士が高齢で、世代間ギャップがある。

プライベートな個人資産や相続のことを顧問税理士に知られたくない。

顧問税理士を変えずに、相続対策や個人資産の相談にのって欲しい。

髙木会計のセカンドオピニオン

髙木会計の専門の税理士が、お客様の会社について顧問
税理士の方とは異なった立場から、高品質で信頼のおける
アドバイスをご提供いたします。真剣に寄り添ってまいりますので、
ご気軽にご相談ください。

髙木会計にお任せください

髙木会計の
セカンドオピニオン

髙木会計の専門の税理士が、お客様の会社について顧問
税理士の方とは異なった立場から、高品質で信頼のおけるアドバイスをご提供いたします。真剣に寄り添ってまいりますので、ご気軽にご相談ください。

髙木会計にお任せください

セカンドオピニオンとは

セカンドオピニオンとは、日本語では「第二の意見」と呼ばれ、元々は医療の分野で使用されてきました。
患者がある病気で診断を下された際に診断結果やその後の治療方針や治療方法について、主治医にすべてを任せるのではなく、主治医以外の医師から意見を聞くことで、より適した治療法を患者自身が選択していくというものです。

税理士のセカンドオピニオン

税理士によるセカンドオピニオンとは、顧問税理士以外の税理士に意見を求める行為となります。
税務に関するアドバイザーは、1人いれば十分でしょうか。
現在の税制は年を追うごとに複雑化しており、一人の税理士が全ての税務問題に完璧に対応することは、困難になりつつあります。このような中、永年お付き合いしている顧問税理士だけでなく、他の税理士の意見も聞くことで、お客様はより良い税務上の判断を下すことが可能となります。
特に、重要な税務問題や経営上の課題、事業承継の問題について、これまでの経験や年齢層、専門領域等の異なる他の税理士の意見を聞いてみることは、お客様が最適な意思決定を下すうえで、極めて有用な方法であると考えられます。

ご利用にあたっての注意点

セカンドオピニオン契約とは、現在の顧問税理士を変更することではありませんし、顧問税理士の職域を犯すものでもありません。髙木会計事務所は、顧問税理士の方と共に、会社の発展の為に貢献させていただきます。
守秘義務は徹底して守りますので、安心してご依頼して頂ければと思います。

お問い合わせ

会社名
氏名必須 (例) 髙木 太郎
氏名カナ必須 (例) タカギ タロウ
メールアドレス (例)info@example.com
ご希望の連絡方法必須
ご希望の連絡日時
電話番号必須 - -
お問い合わせ内容必須